八坂っ子日記

◆2016年4月13日(水曜日)

「自分の身は自分で守る」勉強をしました

 新年度が始まり,自分の身は自分で守る勉強をしました。

まずは,4月8日(金)に,交通安全教室が行われました。この教室のねらいは,「児童の交通安全に対する意識を高め,登下校の安全な歩き方や不審者への対応の仕方を学習する」です。

 まずは,登下校時の安全な歩行方法を身につける学習をしました。実際に,一人一人が学校から道路を歩き,警察の方からお聞きした,安全な歩き方や横断歩道の渡り方が,正しくできているかどうか,学習しました。横断歩道を渡るときに,やや手の挙げ方が低い児童がいたようでしたので,手を高く挙げて横断歩道を渡ることができると良いと感じました。

 その後は,不審者に声をかけられた時には,どうしたらよいかを学習しました。学校職員が不審者役を務め,児童に声をかけ,危険な状況になった時にはどのように対応したらよいかも,警察の方からご指導いただきました。合言葉としての「いかのおすし」を確認することができました。

 また,4月12日(火)には春の避難訓練も行われました。この訓練のねらいは,「学校生活で火災が発生したことを想定し,火災状況に合わせて決められた避難経路を通って,迅速かつ安全に避難することができるようにする」です。

 新年度になって,進級したことで,教室も替わりました。そこで,自分の教室から避難する避難経路を確認し,校庭へ避難しました。子どもたちは,真剣に訓練に取り組み,おしゃべりの声も聞こえず,スムーズに避難することができました。火事の時の合言葉「おはしも」が守られました。併せて,消火器を使っての訓練も行いました。学校職員と児童が実際に消火器を使い,初期消火の体験をしました。初期消火の訓練も,とても上手にできました。

 一番大事なことは,火事を出さないことです。火遊びは厳禁!学校でも家でも,火事が出ないようにするとともに,火事に合わないことを願います。