八坂っ子日記

◆2016年11月8日(火曜日)

平成28年11月7日(月) 人権集会が開かれました

 11月7日(月)に,『人権集会』が開かれました。

 この集会は,今月行われている“人権教育強調月間(なかよし月間)”の一環として行われたものです。今年度の『人権集会』は,外国人の方をお招きしてお話をお聞きしたり,一緒に体を動かしたりして,外国人に対する差別や偏見をなくし,国際理解の大切さを理解する,という目的で行われました。

 お招きしたのは,安曇野市穂高にお住いのアメリカ人,モリス・ウェスリーさんです。まず,モリスさんからは,自分が子どものころに,肌の色が違うというだけで差別されて,悲しい思いをしたことをお聞きしました。モリスさんは,差別されても負けない強い心を持つために,様々なスポーツにチャレンジし,そのおかげで,嫌なことや悲しいことがあっても負けずに努力できるようになったそうです。

 モリスさんは,日本で仕事を探しているときに,日本語が通じずに苦労したそうです。日本人が英語を理解することができずに苦労するのと同じで,人間はみんな平等なんだよ,と教えてくださいました。また,日本語で「ありがとうございます」と言うのも,英語で「Thank you」と言うのも,うまく言えるかではなく,ありがとうという気持ちを伝えたいという思いが大切なのだ,と教えてくださいました。そして,最後にはみんなで体を動かして運動をして,運動をすると気持ちが良くなることも,実感できました。

 異文化の相手を理解し,思いを伝え合うことの大切さを学んだ人権集会でした。