八坂っ子日記

◆2017年11月22日(水曜日)

平成29年11月21日(火) 人権集会が行われました

 11月21日(火)に今年度の人権集会が行われました。この集会は,「装具を使って不自由さや大変さを体験し,いろいろな立場の人の気持ちを考える」という目的で,八坂小の『なかよし月間』に合わせて実施されました。社会福祉協議会と保健センターの方々に来ていただき,1・2・3年生は視覚障害者の,4年生は高齢者の,5・6年生は車椅子と妊婦さんの体験をしました。

 視覚障害者の体験では,アイマスクをつけてゲームなどをすることを通して,目が不自由な人の生活がどんなものなのかを体験しました。高齢者体験では,目が見づらくなるサングラスをつけたり,重りを装着したりして,目が見えづらくなることや体が思ったように動かなくなる体験をしました。車椅子の体験では,車いすに乗ったり,押したりして,障害になるものがあると車いすが進まないことを体験しました。妊婦さんの体験では,重りをつけて動くなどして,妊婦さんの大変さを体験しました。

 終わりの会での感想発表では,「実際に車いすに乗ってみて,障害のある方の気持ちが分かりました。」「目の不自由なことってどんなことなのかが分かりました。」などの感想が聞かれました。また,学校長からは「人に親切に,優しく接してください。」と話がありました。わずかな時間でしたが,実際にその人の立場になって体験することで,大変さなどが分かったと思います。この体験を通して,八坂小学校の学校教育目標の“かわいがる”につながり,相手を思いやる気持ちや優しさが育つことを願います。