八坂っ子日記

◆2018年3月7日(水曜日)

平成30年3月6日(火) 6年生を送る会が行われました

 3月の声を聞くと,多くの小学校では6年生を送る会が行われます。八坂小学校でも,3月6日(火)に6年生を送る会が行われました。

 八坂小学校では,

1 お世話になった6年生に感謝の気持ちを伝え,6年生の卒業を祝う。

2 6年生との楽しい思い出を作る。

という目的で,毎年6年生を送る会を行っています。

 今年度の6年生を送る会は,スポットライトをあびた6年生の入場に続いて,5年生の新児童会長があいさつをしました。その後,桃太郎鬼ごっこと爆弾ゲームの2つのゲームをして楽しみました。

 ゲームに続いては,スライドショーで,6年生の思い出を振り返りました。こんなこともあったねとか,あれは楽しかったねなど,様々なことが思い出され,思わず笑ってしまう場面もありました。

 次に,全員でくすだま割りをしました。玉入れ用の玉を投げてくす玉を割りました。すると,中から“ご卒業おめでとうございます。ありがとうございました”と書かれた垂れ幕が出てきました。

 続いては,6年生へプレゼント渡しです。各教室で育てたパンジーの鉢花と,6年生へのお礼の言葉を書いたメッセージカードを,6年生一人ひとりにプレゼントしました。少し照れたように笑みをこぼしながら,プレゼントをもらった6年生もいました。6年生から「このような会を開いてくれて,ありがとうございました。」との言葉と,6年生が家庭科の授業で製作したトイレットペーパーホルダーをお礼としていただきました。

 最後に,校長先生から「ありがとうと言う気持ちが6年生に伝わりました。6年生のみなさん,本当にありがとうございました。中学校へ行っても,頑張ってください。」というお話がありました。

 以上のように,心のこもった6年生を送る会が終わり,花のアーチを通って6年生は退場しました。

 そして,給食の会食会をしました。ランチルームで各学年のテーブルに6年生が分かれて入り,会食会をしました。会食会の途中では,6年生一人ひとりへの質問コーナーもあり,楽しむことができました。会食会終了後は,恒例の手を合わせて作るアーチでのお見送りです。毎年のことながら,アーチを作っている1年生から5年生がなかなか6年生を進ませてくれず,別れを惜しんでいる様子が伝わってきました。

 この1年間,八坂小学校の代表として,6年生は常に全校のお手本となり,様々な場面で先頭になって活躍しました。そんな6年生との別れはつらいものですが,6年生と一緒に学校生活を送ることができるのも,残りわずかになりました。1年生から5年生には,立派な6年生の姿を目に焼き付けてほしいものです。

 6年生のみなさん,この1年間,ありがとうございました。